ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 市立小・中学校 > 学力向上の施策 > 中学校へ図書館サポーターを配置します。

本文

中学校へ図書館サポーターを配置します。

記事ID:0034319 更新日:2019年10月29日更新

生徒が本に親しみをもちながら、読書習慣を身に付け、積極的に学校図書館を利用できるようにするため、市では、令和3年度から、中学校にも図書館サポーターの配置していきます。令和3年度については、5校の中学校に2名の図書館サポーターを配置します。

事業目的

学校図書館での支援体制が充実することで、生徒一人一人に「本に親しむ読書習慣」が身に付き、積極的に学校図書館を活用した学習態度が生まれます。

図書館サポーターの業務

図書館サポーターは、学校の図書担当職員と連携し、生徒に本を薦めたり、季節に応じた掲示物を作成したりしながら、本への興味と関心を高める環境づくりを行っています。
また、図書館の本や教材として使う本を選んだり、ブックトークを行ったりするなど、生徒が本と触れ合う場所と機会を多く提供しています。

図書館サポーター配置事業の取組

市では、図書館サポーターに必要とされるスキルを向上させるために、定期的に研修会を行ったり、市立図書館と連携したりすることで、生徒が読書に親しみやすい環境づくりに取り組んでいきます。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?