ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 畜産業 > 都城の畜産 > 令和3年度当初予算の養豚生産性向上対策事業を紹介します

本文

令和3年度当初予算の養豚生産性向上対策事業を紹介します

記事ID:0014719 更新日:2021年4月1日更新

事業目的

優れた種豚の導入を支援し、産子数増加、疾病の侵入リスク低減や蔓延を抑制します。また、人工授精(AI)活用の取組を支援し、 受胎率向上と出荷頭数の増加、母豚の負担軽減と作業省力化等の効果による経営コストの低減と効率化を図ります。

事業概要

  • 合成種豚導入 … 補助率:1/2以内(1頭当たり 5千円以内、1戸上限 100千円)
  • 純粋種豚導入 … 補助率:1/2以内(1頭当たり 50千円以内、1戸上限 300千円)
  • 人工授精用資材導入… 補助率:1/2以内(1戸上限 200千円)

予算額

990万円

内訳

  • 合成種豚導入費補助:300万円
  • 純粋種豚導入費補助:390万円
  • 人工授精用資材導入費補助:300万円

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?