ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

酪農振興事業

記事ID:0009721 更新日:2021年4月1日更新

都城市では、酪農の振興をはかるため、次のような事業を行なっています。

乳用後継牛育成対策事業

補助内容

乳用牛の後継牛を育成するため、一般社団法人宮崎県酪農公社に育成牛を預託した者に対する経費補助

補助対象者

市内に居住する酪農家

補助対象経費

育成牛の預託に要する経費

※ただし、消費税及び地方消費税については補助対象外

補助金額又は補助率

預託牛1頭1日当たり165円以内

次世代乳用牛育成対策事業

補助内容

全日本ホルスタイン共進会出品候補牛の産子の自家保留及び初妊牛をせり市導入するための経費補助

補助対象者

市内に居住する酪農家

補助対象経費

1)自家保留費補助

全日本ホルスタイン共進会出品候補牛の産子であり前年度の1月から当該年度の12月までに血統登録証明書を取得した乳用後継牛で4産目までの牛を対象とする。

2)初任牛導入費補助

前年度の1月から当該年度の12月までにせり市場を通じて導入する乳用の初妊牛の導入に要する経費(1戸当たり1頭で導入価格が400千円以上に限る。)

ただし、消費税及び地方消費税については、補助対象外とする。

補助金額又は補助率

1)自家保留費補助

対象牛1頭当たり50千円以内

2)初任牛導入費補助

導入価格の10%以内(補助上限1頭当たり75千円)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?