ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境森林部 > 環境政策課(本庁舎5階) > 都城市は地球温暖化対策を推進しています

本文

都城市は地球温暖化対策を推進しています

記事ID:0232130 更新日:2022年5月25日更新

地球温暖化のメカニズム

わたしたちが暮らす地球で大切な役割を果たしているのが、大気中の二酸化炭素や水蒸気などの温室効果ガスです。温室効果ガスは地表から放たれる熱を吸収し、熱を宇宙に逃げにくくすることで、地球の平均気温を保っています。

しかしながら産業革命以降、私たち人間が石炭や石油を使って多くの二酸化炭素を排出したことにより、熱は宇宙により逃げにくくなりました。

その結果、地球の気温が上昇する地球温暖化が引き起こされています。

地球温暖化の影響

  • 北極海の海氷が減少
  • 海面水位上昇
  • 豪雨の頻発、台風の強大化
  • 暑熱による死亡リスク、熱中症
  • 感染症(マラリア、デング熱、コレラ、サルモネラ等)が拡大

今日から実践!家庭の省エネ

家庭の地球温暖化対策の第一歩は、無駄な電気やガスの使用を減らすことです。

移動
  • 徒歩や自転車、公共交通機関で移動する。
  • 宅配ボックスや置き配などを活用して再配達を減らす。
  • 各種オンラインサービスを活用することで移動機会を減らす。
住居
  • エアコンは、室温が28℃になるよう設定
    ※熱中症予防のため、無理のないよう取り組みましょう。また、エアコンの室外機を洗浄することで、省エネにつながります
  • 断熱カーテンなどを利用して冷暖房の効果を高める。
  • 長時間使用しない電化製品のプラグを抜く。

市の地球温暖化の取り組み

市では、「都城市環境基本計画」を平成29年度に改訂。市全体の温室効果ガスについて、「2030年度(令和12年度)の温室効果ガス総排出量を、2013年度(平成25年度)比26パーセント削減」する長期目標を設定し取り組みを進めています。

脱炭素実現のための計画を策定

国が「2050年カーボンニュートラル実現」や「2030年温室効果ガス排出量2013年度比46パーセント削減」を打ち出して法改正するなど、脱炭素実現に向けた取り組みが活発化しています。

本市では、さらなる地球温暖化対策を強化するため、今年度、第二次都城市環境基本計画、カーボンニュートラル推進計画を策定します。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?