ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > 展覧会 > 収蔵作品展 > 収蔵作品展「これまで・これから アートの転換点」(令和4年1月5日~2月27日)-アーカイブ

本文

収蔵作品展「これまで・これから アートの転換点」(令和4年1月5日~2月27日)-アーカイブ

記事ID:0042037 更新日:2022年2月28日更新 印刷ページを表示する

収蔵作品展 アートの転換点 これまで・これから チラシ画像

趣旨

収蔵作品展「これまで・これから アートの転換点」では、表現や鑑賞の転換点となる作品を紹介します。

作品表現が、生涯を通して変わらない美術家もいますが、ほとんどは、制作環境や社会状況の変化と共にテーマが変わり、それに伴い制作技法も変化して、あたらしいステージに移っていきます。また、これまでの制作に行き詰って、意識的に新しいテーマや技法に取り組み、表現の転換を模索する場合もあります。

逆に、鑑賞する立場からの、転換点もあります。進学や就職、引っ越しといった生活環境の変化、気候変動や大震災に伴う意識変化、鑑賞体験の蓄積をはじめ様々な要因が鑑賞態度に変化を求めます。東北の大震災の津波の後、海の絵に別の感情を持ち始めた人も多いと思います。

見慣れた当館所蔵品を貸出先のよその美術館で目にしたとき。昨秋開催した「日本美術の源流-雪舟・狩野派から近代美術」展など、他館の所蔵品と並べられた郷土作家の作品を見たとき。見慣れた作品が輝いて見えることに気づいた人も多いと思います。10年前の開館30周年時に実施した感詰プロジェクトに参加された方は、今回の展示と、10年前の展示の感想を比較すると新たな転換点を見つけることができるかもしれません。鑑賞体験そのものの転換点を見つけることもできるのではないでしょうか。

これまで何とも思わなかった作品が、ある日急に気になり始めたり、他の作品との関連から自分の中で再発見されるといったことが起こった時、鑑賞の新たなステージに移行したことを意識してみてください。そして、今回の展示で、それぞれの美術作家の転換点とご自身の鑑賞の転換点を意識し、より深い鑑賞のきっかけとなることを期待します。

会期

令和4年1月5日(水曜日)から2月27日(日曜日)

※新型コロナウィルス感染拡大に関する今後の状況により、会期が変更もしくは中止となる場合があります。来館の際は、事前に問い合せまたは、当館のホームページを確認ください。

休館日

月曜日(祝日・振替休日の場合は、翌日)

時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料

無料

主な出品作家(予定)

山内多門、山田新一、宮薗広幸ほか

出品数

約50点

出品作家・作品解説動画

又木啓子「宇宙の命」

関連事業

ワークショップ「記憶のありか」(要予約)※中止

講師:阿部健二(妻ヶ丘中学校教諭)

日時:2月20日(日曜日)午前10時~午後3時

※新型コロナ感染症拡大防止のため、ワークショップは中止になりました。ご了承ください。

ギャラリートーク(担当学芸員による)

日時:1月8日(土曜日)午後2時~

感詰開封プロジェクト+α2

現時点での作品の感想を鑑賞の転換点として記録するスペースを用意します。

日時:会期中随時

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?