ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > 展覧会 > 収蔵作品展 > 収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ

本文

収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ

記事ID:0046053 更新日:2022年6月27日更新 印刷ページを表示する

収蔵作品展「版で表す」チラシ

収蔵作品展「版で表す」チラシデータ [PDFファイル/1.39MB]

趣旨

当館では今秋、浮世絵師・歌川広重の名作「東海道五拾三次」を紹介する特別展を予定しています。この特別展に先立って、この度、当館の収蔵品の中から版画作品を集めて紹介する収蔵作品展「版で表す」を開催します。

宮崎市出身の瑛九をはじめ、片ノ坂登、高野等※、河辺一周、黒木周など郷土ゆかりの作家を中心に紹介し、版画の魅力を感じとります。さらに、ルオーや草間彌生など世界的な作家を含むS氏コレクション(収集家S氏による寄贈作品群)もご紹介します。

また一部、「郷土作家コーナー」として日本画家・山内多門や益田玉城、洋画家・山田新一など郷土を代表する作家の作品も併せてご覧ください。

本展を通じ、版を介して紙とインクから生まれるイメージの豊かさを感じ、その魅力を発見していただければ幸いです。

※「高」は、はしごだか

会期

令和4年5月24日(火曜日)~6月26日(日曜日)

※月曜日休館

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

場所

都城市立美術館

観覧料

無料

関連事業

ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)

日時:令和4年6月4日(土曜日)午後2時~午後3時

※申込み不要

灯ろう絵を描くワークショップ(無料)

内容:地域の伝統行事「六月灯」に関連して、和紙に手本を写し取る方法で、手軽に本格的な灯ろう絵を描くワークショップです。

日時:6月~8月の開館日、午前10時~午後4時

※団体の場合は事前に連絡ください。

出品作品から

瑛九「スケート」

瑛九「スケート」テレビ宮崎寄託

瑛九「いかり」テレビ宮崎

瑛九「いかり」テレビ宮崎寄託

片ノ坂登「鳥の碑」

片ノ坂登「鳥の碑」

高野等「いにしえの譜」

高野等「いにしえの譜」

河辺一周「緑の大地を見上げる少女」

河辺一周「緑の大地を見上げる少女」

黒木周「Rounded Bottom」

黒木周「Rounded Bottom」

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?