ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > コレクション > ハイライト > 益田玉城「現代隅田川風景」

本文

益田玉城「現代隅田川風景」

記事ID:0009753 更新日:2020年2月6日更新 印刷ページを表示する

益田玉城 現代隅田川風景

益田玉城「現代隅田川風景」1933年 絹本彩色

益田玉城(ますだぎょくじょう 1881~1955)

本名は珠城(たまき)。都城市に生まれ、地元の絵師・赤池南鳳(なんぽう)に絵の手ほどきを受け、その後上京し東京美術学校日本画科に学び、円山派の大家・川端玉章に師事しました。その後東京女子美術学校で教鞭をとり、川端画学校の開校にあたり教授に就きました。同郷の山内多門とは、大正11年に共に中国に写生旅行するなど親しく交流しました。

美人画家として第9回文展褒状をはじめとし、文展、帝展で入選を重ね、昭和6年「姫街道」で帝展無鑑査資格推薦を受けます。昭和8年、目黒雅叙園初代社長細川力蔵の依頼で邸宅「玉城の間」を制作しました。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?