ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 事業者に必要な各種手続き > 介護保険サービス > 介護保険サービス > 加算算定する場合や変更する場合は介護給付費算定に係る体制の届け出が必要です

本文

加算算定する場合や変更する場合は介護給付費算定に係る体制の届け出が必要です

記事ID:0001979 更新日:2021年5月24日更新

新たに加算などを算定する場合や変更を行う場合は、介護給付費算定に係る体制の届け出が必要です。

届け出方法

介護保険課に持参または郵送

提出書類

  1. 介護給付費算定に係る体制等に関する届出書
  2. 介護給付費算定に係る体制等状況一覧表
  3. 添付書類

※様式は、次の該当事業所のものを使用ください

(令和3年4月版)介護予防・日常生活支援総合事業費 算定届等 [Excelファイル/100KB]

(令和3年4月版)地域密着型サービス 算定届等 [Excelファイル/465KB]

(令和3年4月版)居宅介護支援 算定届等 [Excelファイル/162KB]

届け出部数

上の1~3を各2部

届け出の受付記録を希望する場合

切手を貼った返信用封筒を同封の上、3部提出ください。直接持参する場合は、受付印を押印後その場で返却しますので、返信用封筒は不要です。

注意事項

  • 受付印を押印した介護給付算定に係る体制などに関する届出書の控えは、届け出を受付した日付の記録であり、届け出にある加算が算定できることを証明するものではありません。
  • 届け出後に実地指導などで算定要件に誤りがあることが判明した場合は、報酬返還の対象になります。
  • 受付印を押印した介護給付算定に係る体制などに関する届出書の控えの送付後も、必要に応じて書類の補正や追加書類の提出などを求めることがあります。

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?