ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 上下水道局 > 都城市上下水道局 > 蛇口から白く濁った水が出たのですが?

料金・使用料・負担金のアイコン

使用開始・ 中止・変更アイコン

水質検査結果アイコン

建物所有者の皆さんへアイコン

指定工事事業者一覧アイコン

申請書・届出書の様式アイコン


本文

蛇口から白く濁った水が出たのですが?

記事ID:0003042 更新日:2019年10月20日更新

水道水の水質についてのよくある質問です。

質問

蛇口から白く濁った水が出たのですが。

答え

コップに水道水をくんだとき、水道水が白く見える場合があります。これは、水道水が蛇口から出るときに細かい空気の泡が入り、白く見えてしまうことが原因と考えられます。

この場合、しばらくそのままにしておくと下の方から徐々に空気が抜けて無色透明になりますので、安心してお使いください。

なお、しばらくそのままにしても無色透明にならず白いままの場合は、金属(鉄、亜鉛)の溶出が考えられます。家庭の給水管の老朽化が考えられますので、給水管の布設替えを行うか、あるいは給水管の中の水をしばらく排水し、透明になってから使用してください。

白濁の原因となる鉄や亜鉛は人体に必要な成分で、食物などにより摂取しています。多量に飲んだ場合などを除き問題ありません。鉄、亜鉛の水質基準値は、健康上の理由というより着色や色・臭いが悪くなるとの理由で定められた値です。 


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?