ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 上下水道局 > 都城市上下水道局 > 水洗便所改造資金融資制度を紹介します

料金・使用料・負担金のアイコン

使用開始・ 中止・変更アイコン

水質検査結果アイコン

建物所有者の皆さんへアイコン

指定工事事業者一覧アイコン

申請書・届出書の様式アイコン


本文

水洗便所改造資金融資制度を紹介します

記事ID:0003277 更新日:2019年10月20日更新

汲み取り便所または単独浄化槽を使用している人が、公共下水道に接続するために要する費用の融資を斡旋する制度です。

取扱金融機関

宮崎銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行、都城信用金庫、九州労働金庫、都城農業協同組合

融資額

建物1棟につき8万円~50万円まで、1世帯当たり200万円を限度とします。

融資の利率

利率は金融機関によって異なります。

融資の対象者

次の1~4の要件をすべて備えている人

  1. 家屋の所有者か、使用者(家主の同意書が必要)
  2. 世帯主で、市税を滞納していない人
  3. 下水道事業受益者負担金を滞納していない人
  4. 連帯保証人(世帯主で市税を滞納していない人)がいる人

償還回数

融資額に応じて最高60月まで

償還方法

元利均等による月賦償還

利子補給

返済終了後に、利息分を助成します。
※下水道に接続できるようになってから3年以内に工事をした場合のみ対象となります

注意事項

  1. 都城市の指定工事店でなければ工事をすることはできません。
  2. 融資で工事をする場合には、見積もりの際に「融資でお願いします」と業者に申し出てください。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?