ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 上下水道局 > 都城市上下水道局 > 水道水がカルキ臭いのですが?

料金・使用料・負担金のアイコン

使用開始・ 中止・変更アイコン

水質検査結果アイコン

建物所有者の皆さんへアイコン

指定工事事業者一覧アイコン

申請書・届出書の様式アイコン


本文

水道水がカルキ臭いのですが?

記事ID:0003286 更新日:2019年10月23日更新

水道水の水質についてのよくある質問です。

質問

水道水がカルキ臭いのですが。

答え

朝、最初に出した水や開栓直後の水がカルキ臭いという話をよく聞きます。水道法では、水道水を病原菌汚染から守り、安全に供給するために、蛇口の水の残留塩素濃度が1リットル中に0.1ミリグラム以上と定められています。

都城市では、ほとんどの地域が地下水でまかなっていることから、塩素剤の消費量が少なく、法律で定められた濃度を保つための最低限の量しか加えていません。また、給水栓水(蛇口の水)の残留塩素濃度や臭気などの検査を毎日市内33ヵ所で行っています。

塩素臭の感じ方は人により異なり、また、体調、気温などによっても違ってきます。

臭いが気になるときは、冷蔵庫などで冷やすことで臭いを軽減できます。また、蓋のない容器で沸かすか一晩くみ置きすることにより塩素臭をなくすこともできます。急ぐ場合、レモンの絞り汁を一滴落とすことや、お茶の葉を一枚入れることでも塩素臭を消すことができます。


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?