ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ラッキョウチャーハン

記事ID:0001778 更新日:2020年1月16日更新

地元食材を使った簡単調理のレシピ「ラッキョウチャーハン(1人分当たり425キロカロリー、塩分3.2グラム)」の紹介です。

ラッキョウのにおいの成分である塩化アリルは、血中コレステロールの増加抑制、ビタミンB1の吸収をよくする働きがあるほか、全身の血液循環をよくする効能があります。

ラッキョウチャーハン

 

 

 

 

 

 

材料(2人分)

飯:300グラム

ラッキョウ(酢漬け):40グラム

油:大さじ1

卵:2個

塩昆布:3グラム

梅干し:20グラム

レタス:100グラム

トッピング

ラッキョウ(酢漬け):10グラム

トマト:20グラム

青じそ:1枚

下準備

ラッキョウ

汁を切り、細かくみじん切りにする。トッピング用は、薄くスライスする。

梅干し

細かくつぶして梅肉(ペースト状)にする。

トマト

1センチの角切りにする。

青じそ

千切りにする。

作り方

手順1

鍋にサラダ油を熱し、溶いた卵を入れて半熟になったら飯を入れ、手早く混ぜる。

手順2

手順1にラッキョウ、塩昆布、梅肉を入れさらに炒める。

手順3

皿にレタスとチャーハンを盛り、トッピング用のトマトと青じそ、ラッキョウを飾る。

ワンポイント

旬のラッキョウは、生のまま食べるのが一般的ですが、天ぷらなどにして食べても触感を楽しむことができます。

ちょっと一工夫

ラッキョウの酢漬けは、タルタルソースやドレッシングに加えると味のアクセントにもなります。



都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?