ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

国際交流員を紹介します

記事ID:0002655 更新日:2019年10月29日更新

国際交流員とは、草の根の国際化を進めるために、外国から招いた青年です。 
都城市では、現在、中国、モンゴル、オーストラリア出身の3人が、都城市内の小・中学校や生涯学習の講座・イベントなどで、出身国の文化や習慣を紹介するなどの活動をしています。

国際交流員の活動

  • 「広報都城」「都城国際交流協会会報(Mia News)」への寄稿
  • 市内の団体や小・中学校などでの外国文化紹介活動
  • Mrtラジオなどメディアへの出演
  • 市民への外国語指導
  • 外国からの公式訪問やイベントなどでの通訳
  • 都城市の刊行物などの翻訳
  • 国際交流事業の企画や運営、助言
  • 在住外国人の相談対応
  • 都城国際交流協会の国際交流事業の協力

都城市の国際交流員

銭慧文(セン ケイブン)さん(中国出身)

銭慧文さん写真 

你好(ニーハオ)!

中国の銭(セン)です。

都城に来て3年目になりました。

都城の方々に大変お世話になっております。

皆さんと様々な形を通じて触れ合うことができて、とても嬉しく思います。

都城市は中国重慶市江津区とは友好交流都市の関係で結ばれています。とてもご縁がある町です。

これからはもっと皆様に中国の伝統文化や最新情報を伝えて、

またこちら都城のよさも中国国内に発信して、

両地域がより一層お互いの理解と友好関係が深めることに力を出したいと思います。

 

ルイメド・ソヨルマーさん(モンゴル出身)     

そよ 

サェンバェノー?こんにちは。
モンゴルの国際交流員のソヨルマーです。どうぞよろしくお願いいたします。都城市の国際交流員として6年目に入っております。国際交流員として、小・中・高校、地区や自治会の集会に国紹介をしたり、モンゴルとの交流活動の翻訳と通訳、国際交流イベントの企画や実施に参加したりします。

国際交流員として、初めての業務は小学校の学校訪問でしたが、国紹介をした後に私の伝えたい内容が通じたかなぁという心配と緊張感がとても大きかったです。授業が終わり、休憩中に女の子が二つ折りにしている紙を渡してくれました。“モンゴルのことを教えてくれてありがとうございました。”と書かれていて学年とお名前も書いてくれていました。緊張感と心配が嬉しさで変わる一時でした。

都城市は、モンゴルの首都ウランバートル市と友好交流都市締結をしてから、今年21年目の年です。このような交流の長い歴史を持つ都城市で国際交流員として活動されることを大変光栄に思っております。これからも、国際交流を通して様々なことを学んで行きたいと思います。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

ジョージ・ウィリアム・グーナンさん(オーストラリア出身)

ジョージ

皆さん、こんにちは!G’day from Australia!
オーストラリアの国際交流員、ジョージ・ウィリアム・グーナンと申します(是非、ジョージと呼んでください!)今年の8月で都城市に来て3年目に入りました。2年間で、世界のビール&トリビアナイトやワールドフェスタなどの様々なイベントを企画し、参加することができました。また、幼稚園・学校・高齢者クラブの訪問、生活安全交流会、ラジオの出演等々の業務で色々な人と出会えて交流できました。
私は1万人しかいない町から来たので、国際交流の大事さ、また海外の友達を作れれば周りの世界があっという間に変わる、ということをよく知っています。都城市の皆さんのために、このようなきっかけを作りたいと思います。
よろしくお願いします!Cheers!

国際交流員の派遣申請

国際交流員は、全員が日本語を話せます。派遣事業の申請をお待ちしています。詳しくは、国際交流員の派遣の申請方法で確認ください。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?