ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印鑑登録

記事ID:0001858 更新日:2019年10月29日更新

印鑑登録とは、不動産の登記や各種契約、自動車の登録、公正証書の作成など法令に基づいて提出を義務付けられている場合に必要となる印鑑登録証明を発行するために、あらかじめ印鑑を登録する手続きです。

本人による申請

登録できる人

都城市に住民登録のある人

登録に必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 顔写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

窓口

  • 市民課2番窓口
  • 各総合支所市民生活課
  • 各地区市民センター

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで(正午から午後1時を除く)
ただし、市民課2番窓口のみ正午から午後1時も受け付け、木曜日は午後7時まで受け付けます。

手数料

300円

注意事項

  • 同じ世帯の人が登録している印鑑は登録できません。
  • 印鑑の枠が3分の1以上欠けている、または氏名が欠けている印鑑は登録できません。
  • 住民基本台帳に記載されている氏名と同じ文字の印鑑のみ登録できます。
  • 登録できる印鑑の印字は「氏」「名」「氏名」です。
  • ゴム製の印鑑など、変形しやすい印鑑は登録できません。
  • すでに印鑑登録されている印影を変更する場合には、今までの登録を廃止して、新たに印鑑登録する必要があります。
  • 電話やファクス、電子メールなどでの事前申請受け付けは行っていません。

顔写真付き本人確認書類を持っていない人の登録申請

次のいずれかの方法により登録手続きができます。

本人照会による登録

窓口で申請後、照会文書を住民登録地に送付しますので、記入してお持ちください。登録完了までに3日から4日程度かかります。あらかじめご了承ください。

保証人による登録

都城市で印鑑登録をしている人(保証人)と一緒に窓口へお越しください。保証人は登録している印鑑、印鑑登録証(印鑑登録カード)、本人確認書類が必要となりますのでお持ちください。この手続きでは、その日のうちに登録が完了します。

代理人による申請

登録手順

  1. 窓口で代理人へ代理人選任届を配布します。代理人が窓口に来られない場合は、次の様式を使用ください。代理人選任届様式 (Excelファイル/33キロバイト)
  2. 代理人選任届を登録する本人が記入の上、代理人が窓口にお持ちして仮登録します。
  3. 登録する本人の滞在地に照会文書を送付します。
  4. 照会文書を登録する本人が記入の上、代理人が窓口にお持ちして印鑑登録が完了します。

代理人による登録で注意する事項

  • 印鑑登録が完了するまでに、郵便などで登録する本人へ照会文書を送付しますので、1週間から2週間程度かかります。あらかじめ了承ください。
  • 登録する本人が窓口に来られない理由を確認する場合があります。
  • 登録する本人が入院などで窓口に来られない場合には、登録する本人の意思能力の有無を証明する書類(医師の証明や施設の証明など)が必要になります。事前に市民課まで問い合わせください。

登録に必要なもの

窓口

  • 市民課2番窓口
  • 各総合支所市民生活課
  • 各地区市民センター

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで(正午から午後1時を除く)
ただし、市民課2番窓口のみ、正午から午後1時も受け付け、木曜日は午後7時まで受け付けます。

手数料

300円

注意事項

  • 同じ世帯の人が登録している印鑑を登録することはできません。
  • 印鑑の枠が3分の1以上欠けている、または氏名が欠けている印鑑は登録できません。
  • 住民基本台帳に記載されている氏名と同じ文字の印鑑しか登録できません。
  • 登録できる印鑑の印字は「氏」「名」「氏名」です。
  • ゴム製の印鑑など、変形しやすい印鑑は登録できません。
  • すでに印鑑登録されている印影を変更する場合には、今までの登録を廃止して、新たに印鑑登録する必要があります。
  • 電話やファクス、電子メールなどでの事前申請受け付けは行っていません。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?