ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

婚姻届

記事ID:0002692 更新日:2019年10月29日更新

結婚をするとき、夫になる人および妻になる人は市区町村への届け出が必要です。

必要なもの

  • 婚姻届
  • 有効期限内の顔写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
  • 印鑑(認印は可、スタンプ式印鑑は不可)
  • 戸籍謄本または全部事項証明書(本籍が都城市でない人のみ)

戸籍謄本または全部事項証明書の郵便での請求について 

受付窓口

  • 市民課5番窓口
  • 各総合支所市民生活課
  • 各地区市民センター 
  • 各市区町村の戸籍担当課

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

婚姻届の記入例

婚姻届の記入についての例です。記入される前に必ず確認をお願いします。
なお、この記入例は、夫になる人および妻になる人の2人ともに初めての婚姻の場合です。
記入例にある「平成29年4月1日届出」は平成を「令和」と読み替えて確認ください。新元号での届出書ができあがり次第、市ホームページに掲載します。

婚姻届記入例 (PDFファイル/548.63キロバイト)

婚姻届を届け出された後の各種手続き

婚姻届を届け出たことにより、本籍や氏の変更が生じます。それに伴い、運転免許証や保険証、マイナンバーカードなどの各種手続きが必要になります。
市役所での各種手続きについて次の資料を確認ください。

婚姻届を出した後の各種手続きについて (Word2007ファイル/33.12キロバイト)

婚姻届を出した後の各種手続きについて (PDFファイル/189.18キロバイト)

注意事項

  • 土曜日、日曜日、祝祭日および時間外の届け出は、市役所および各総合支所の警備員室で預かります。翌開庁日に内容の確認をいたします。不備がある場合には連絡します。
  • 20歳以上の証人2人の自筆署名と押印、住所および本籍の記入が必要です。
  • 夫になる人または妻になる人が未成年の場合、父母(養子縁組をされている場合は養父母)の同意書が必要です。
  • 届け出した後、戸籍や住民票の証明を発行できるようになるまでには、届け書の内容を審査するため数日かかります。あらかじめ了承ください。
  • 外国籍の人との婚姻は法律が異なりますので、届け出前に市民課戸籍担当まで必ずお問い合わせください。
  • 届け出される前に届け書の事前確認を行っています。希望する場合には市役所の開庁時間内に市民課5番窓口までお越しください。
  • 不明な点や質問などある場合は、市民課戸籍担当まで連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?