ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 個人住民税 > 市外に転出した場合は市民税・県民税はどうなりますか?

本文

市外に転出した場合は市民税・県民税はどうなりますか?

記事ID:0002846 更新日:2019年10月29日更新

質問

市外に転出した場合は市民税・県民税はどうなりますか?

答え

市民税・県民税では賦課期日というものが地方税法で決められており、1 月1日現在で住所のある人に対して、その住所地の市町村が課税することになっています。 1月1日に都城市に住所があった人は、たとえ年の途中で市外に転出した場合でも、市民税・県民税は都城市に納めてもらうことになります。 逆に年の途中で市外から都城市に 転入しても都城市では課税はされず、1月1日に住所のあった市町村に市民税・県民税を納めてもらうことになります。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?