ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 個人住民税の申告 > 収入の有無にかかわらず、市民税・県民税の申告は必要ですか?

本文

収入の有無にかかわらず、市民税・県民税の申告は必要ですか?

記事ID:0003049 更新日:2019年10月29日更新

質問

昨年は収入がなかったのですが、市民税・県民税の申告をする必要がありますか?

答え

申告する年の1月1日時点で都城市に住所のある人は、収入の有無にかかわらず、前年中の収入状況を申告する必要があります。 
ただし、次の人は市民税・県民税申告の必要はありません。

  1. 所得税(国税)の確定申告(還付申告を含む)をする人
  2. 給与所得者で給与支払報告書が勤務先から市役所に提出され、かつ給与所得以外の所得のない人
  3. 老齢年金のみの人(ただし、扶養、社会保険料、医療費、生命保険料、その他の控除を受けようとする人は申告してください)
  4. 同一世帯の方の所得税の確定申告書(勤務先での年末調整を含む)または市民税・県民税申告書に扶養親族として記載されている人で、前年中収入がなかった人

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?