ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 土地は下がっているのになぜ固定資産税は上がるのですか?

本文

土地は下がっているのになぜ固定資産税は上がるのですか?

記事ID:0004072 更新日:2019年10月29日更新

質問

土地の評価額は下がっているのになぜ固定資産税は上がるのですか?

答え

平成6年度の税制改正により、宅地の評価水準を地価公示価格の7割を目途とする評価替えが行われました。
その際、評価額が急激に上がりましたが、税負担が急増しないように、税額を計算する元となる課税標準額について、なだらかに上昇させる負担調整という措置がとられました。
課税標準額は負担調整措置がとられていることにより、評価額よりもまだ低い額になっています。したがって、課税標準額が評価額の一定水準に達するまでの間は、固定資産税額は上がり続けることになります。 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?