ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 納税義務者(所有者)が死亡した場合に手続きが必要です

本文

納税義務者(所有者)が死亡した場合に手続きが必要です

記事ID:0008808 更新日:2021年4月1日更新

固定資産税・都市計画税の納税義務者(所有者)が死亡した場合、相続登記が完了するまでの間、一時的に納税管理をする代表者を決める必要があります。次の書類を資産税課へ提出ください。

提出書類

固定資産税・都市計画税相続人代表者申告書 [PDFファイル/85KB]
署名を行う場合は、押印は不要です

※この申請は所有権が決定されるものではなく、固定資産税の書類の送付先のみが変更されます。
※所有物件の一部だけの送付先を変更することはできません。

提出先

次の問い合わせ先へ提出ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?