ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ > ごみ減量・リサイクル活動 > 食品ロス(3010運動)を減らし都城市のごみを減らしましょう

本文

食品ロス(3010運動)を減らし都城市のごみを減らしましょう

記事ID:0003229 更新日:2019年11月26日更新

食品ロス(3010運動)を減らし都城市のごみを減らしましょう
食品ロスとは、食べられるのに捨てられている食べ物のことです。

捨てられているたべもの

  • 日本では1年間で500万~800万トンにもなります
  • 日本での1年間で収穫できる米と同じくらいの量の食品ロスが発生しています
  • 一人当たり1年間でお茶碗164杯もムダにしている計算になります

食品ロスを減らすための運動

次に掲げる「3010運動」や「宴会5箇条」を実践して、少しでも食品ロスを減らし、都城市のごみ減量化を推進しましょう。

3010運動 (PDFファイル/128.29キロバイト)

宴会5箇条 (PDFファイル/135.52キロバイト)

宮崎県の「食べきり協力店」募集

宮崎県では、「食品ロス」削減の取り組みとして「食べきり協力店」を募集しています。

詳しくは、「食品ロス削減「みやざき食べきり宣言プロジェクト」を実施します!<外部リンク>を参照ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?