ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ごみ > 家庭ごみの出し方、分け方 > 廃家電などの処分に無許可の不用品回収業者を利用しないでください

本文

廃家電などの処分に無許可の不用品回収業者を利用しないでください

記事ID:0004282 更新日:2019年11月26日更新

家庭から出るごみを回収するには、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき市町村の一般廃棄物収集運搬業の許可や委託を受ける必要がありますが、不用品回収業者の多くは、許可や委託を受けずに廃家電や粗大ごみなどの回収を行っています。
一般廃棄物収集運搬業の許可がない事業者による家庭から出るごみの回収は違法となりますので利用しないでください。

不適正な処理

無許可の回収業者は、処理費用を削減するために、回収したものを不法投棄したり、適切な処理を行わずに国内外で破壊したりする場合があります。廃家電などは、正しく処理を行わないと、フロンガスや鉛などの有害物質が大気中に噴出されるなど、環境破壊につながる恐れがあります。

料金に関するトラブル

「無料で処分します」と言われたのに、トラックに積み込んだあとで「処分費用は無料だが、宅内からの搬出費が〇万円かかります」などと料金を請求されたなどの料金トラブルも起こっています。

古物商の許可や産業廃棄物処理業の許可では回収できません

古物商の許可や産業廃棄物収集運搬業の許可で家庭ごみの収集運搬を行うことはできません。一般廃棄物収集運搬業の無許可営業(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第7条第1項違反)に該当すると、5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金またはそれらの併科となります。
※現在、都城市では一般廃棄物処理実施計画に基づき、原則として一般廃棄物収集運搬業の新規の許可は出していません

環境省、国民生活センターによる注意喚起

「環境省_廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!」<外部リンク>

 「国民生活センター 廃品回収業者とのトラブルに注意!」<外部リンク>

都城市の家電リサイクル対象機器の処理方法

家電リサイクル対象機器(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等)の処理方法について(サイト内のページへリンク)

ごみの適正処理のための豆辞典

ごみ分別豆辞典 (Excelファイル/543.5キロバイト)

ごみ分別豆辞典 (PDFファイル/1.41メガバイト)

※都城市による粗大ごみ有料収集は事前に環境業務課(電話:0986-24-5560)に収集の申し込みをする必要があります。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?