ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 国保・後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度 > 今月70歳になりますが、医療機関にかかる時の自己負担額が安くなりますか?

本文

今月70歳になりますが、医療機関にかかる時の自己負担額が安くなりますか?

記事ID:0002690 更新日:2019年10月29日更新

質問

 今月70歳になりますが、医療機関にかかる時の自己負担額が安くなりますか?

答え

国民健康保険加入者には、70歳の誕生日の翌月1日(1日生まれの人は当月)から、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」が交付されます。自己負担の割合は、前年(1月から7月までは前々年)の住民税課税標準額によって1割(昭和19年4月2日以降生まれの方は2割)または3割となります。

3割負担になるのは、同一世帯に一定の所得(課税所得が145万円以上の人)がある70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる場合です。

ただし、該当者の収入の合計が、2人以上の世帯の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満である旨の申請をして認定された場合には、2割負担になります。



みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?