ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 国民健康保険・後期高齢者医療 > 国保の手続き > 市外への転出に伴う国民健康保険の手続きを紹介します

本文

市外への転出に伴う国民健康保険の手続きを紹介します

記事ID:0002848 更新日:2019年10月29日更新

他の市町村に転出する人は、転出手続き時に都城市の国民健康保険(国保)から脱退する必要があります。

手続きに必要なもの

  • 住民異動届(転出)
  • 国民健康保険証(窓口にて回収または返信用封筒を交付します)
  • 該当者および世帯主のマイナンバーが分かるもの
  • 手続きに訪れる人の写真付き身分証明書(マイナンバーカード、免許証など)

注意事項

進学などで他の市町村に転出するとき(修学中の被保険者の特例)

進学などで他の市町村に転出し、親元(都城市在住の人)から学費・生活費の仕送りを受けている場合は、引き続き都城市の国保に加入できる特例があります。ただし、転出時に手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  • 住民異動届(転出)
  • 国民健康保険証
  • 在学証明書(原本。後日郵送でも構いません。窓口で返信用封筒を交付します)
  • 手続きに訪れる人の写真付き身分証明書(マイナンバーカード、免許証など)

※卒業後は、都城市の国保を脱退する手続きが必要です。

 施設などに入所するため、他の市町村に転出するとき(住所地特例)

介護保険施設・児童福祉施設・老人ホームなどに入所する場合や、病院への長期入院などで他の市町村に転出する場合は、引き続き都城市の国保に加入できる特例があります。ただし、転出時に手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  • 住民異動届(転出)
  • 国民健康保険証
  • 入所・入院・在園証明書(原本。後日郵送でも構いません。窓口で返信用封筒を交付します)
  • 手続きに訪れる人の写真付き身分証明書(マイナンバーカード、免許証など)

※退所・退院後は、都城市の国保を脱退する手続きが必要です。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?