ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 農業の振興 > サトイモの疫病がまん延しています

本文

サトイモの疫病がまん延しています

記事ID:0001564 更新日:2019年10月29日更新

サトイモの疫病画像

近年、サトイモ畑で「疫病」による大きな被害が報告されています。疫病にかかると、葉や茎に灰褐色で円形の病斑ができ、 次第に病斑の中央から穴が空いて枯れていきます。この疫病は、前作の残さ、種芋、発病した株からの水しぶきや強風によってまん延します。原因となるのはカビで、サトイモのみが感染します。感染力が強く、地域ぐるみで対策に取り組む必要があります。

主な対策

発生源の対策

  • 残さの適正な処分
  • 種芋の消毒

疫病をまん延させない対策

  • 薬剤散布通路の確保
  • 排水および雑草対策の実施

薬剤防除

  • 早い時期からの防除開始
  • 定期的な薬剤散布

適正施肥による栄養改善

  • 土壌診断に基づく適正施肥

農薬の購入費用の一部を補助

 サトイモ疫病対策用農薬の購入費用の一部を補助します。家庭菜園も含みます。

詳細な情報

次のサトイモ疫病対策マニュアルを確認ください。疫病をまん延させないための対策方法も掲載しています。

サトイモ疫病対策マニュアル (PDFファイル/4.15メガバイト)


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?