ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 農業の振興 > 園芸振興対策事業の拡充(中古ハウス事業)

本文

園芸振興対策事業の拡充(中古ハウス事業)

記事ID:0003641 更新日:2019年10月29日更新

平成30年度より既存の園芸振興対策事業が拡充され、新たに中古ハウスなども補助対象になりました。

事業概要

拡充内容

これまでの事業では新品ハウスのみが補助対象でしたが、初期投資の軽減を支援する観点から、新たに中古ハウスおよび簡易型補強ハウスも補助対象に追加しました。

 園芸振興対策事業の拡充内容(PDFファイル/71.89キロバイト)

補助対象者

農業者および農業者団体など、認定新規就農者

補助対象経費

中古ハウスの解体および運搬、設置、購入費に係る経費

補助率・補助上限額

新品ハウス

農業者および農業者団体など、認定新規就農者

補助率:4分の1以内
補助上限額:2,500千円

中古ハウスおよび簡易型補強ハウス

農業者および農業団体など

補助率:4分の1以内
補助上限額:2,500千円

認定新規就農者

補助率:2分の1以内
補助上限額:1,000千円

※新品ハウス、中古ハウスおよび簡易型補強ハウスとも、一戸当たりの上限額は2,500千円で上限額内であれば附帯施設の導入も可能です

申請期限

12月末まで
※事前に農産園芸課まで問い合わせください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?