ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 畑地かんがい > 畑地かんがい事業の歩みを紹介します

本文

畑地かんがい事業の歩みを紹介します

記事ID:0004318 更新日:2019年10月29日更新

畑地かんがい事業は、国・県・市町が一体となって取り組む大規模事業です。本市地域においては、国営事業が昭和62年度に着工していますが、その始まりは昭和43年度にまでさかのぼります。
現在は、国営事業は完了し、県営事業が引き続き各受益地区で行われています。

事業工期

国営事業 ※完了

昭和62年度~平成22年度

県営事業

継続中

事業の歩み

昭和43年度:都城盆地農業水利事業開発事業促進協議会設立
昭和44年度:広域調査開始(~52年度まで)
昭和62年度:国営事業着手
平成元年度:木之川内ダム管理用道路着工
平成7年度:最初のファームポンド(大井手ファームポンド)完成
平成13年度:田野頭首工着工
平成18年度:木之川内ダム堤体盛立完了
平成20年度:木之川内ダム試験湛水
平成20年度:田野頭首工完成
平成22年度:木之川内ダム完工式

※詳しくは、年表 (PDFファイル/104.22キロバイト)で確認ください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?