ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広域・包括連携 > 定住自立圏構想 > 平成26年度定住自立圏構想の取り組みを紹介します

本文

平成26年度定住自立圏構想の取り組みを紹介します

記事ID:0004465 更新日:2019年10月29日更新

これまで都城市、三股町、曽於市及び志布志市では、実施計画となる「都城広域定住自立共生ビジョン」に基づき、各種事業を実施しています。

平成25年度からは3市1町の一層の連携強化を図るために、新たに連携事業を実施しており、平成26年度も引き続き実施しました。

SHIMAZU(島津)グルメコンテスト

公募によって選定された3市1町の代表が、グランプリを競いました。

第2回SHIMAZUグルメコンテスト ちらし (PDFファイル/459.58キロバイト)

日時

平成26年6月15日

場所

みまたモノづくりフェア2014(三股町武道館)

グランプリ

手作り屋 しし肉カレー(三股町代表)

多文化共生事業

圏域に住む外国籍の人を対象に、日本語コミュニケーション能力や日本文化・生活習慣などへの理解を深めてもらい、暮らしやすい環境をつくるため、平成26年度も実施しました。

多文化共生職員研修

行政職員を対象に研修を行い、多文化共生施策の必要性および実施に関する知識の習得を図ります。

日本語ボランティア養成講座

詳しくは次のファイルを確認ください。

日本語ボランティア養成講座実施要綱 (PDFファイル/75.38キロバイト)

夢と感動を広げる「おはなしキャラバン巡回公演」事業

圏域の図書館が連携し、地域の子どもと保護者が絵本に親しむきっかけづくりを目的に、著名な絵本作家や読み聞かせの実践者などを招いて、読書活動の推進を図ります。

詳しくは次のファイルを確認ください。

夢と感動を広げるお話キャラバン巡回公演チラシ (PDFファイル/609.11キロバイト)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?