ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 林業 > 伐採・森林取得 > 森林の土地所有者となった場合は届け出が必要です

本文

森林の土地所有者となった場合は届け出が必要です

記事ID:0003244 更新日:2019年10月29日更新

森林法改正により、平成24年4月1日以降、新たに森林の土地の所有者となった人は、土地の所有者となった日から90日までに届け出を提出する必要があります。

森林の土地所有者届出制度の概要 (PDFファイル/769.21キロバイト)

新たに森林の所有者となったとき「森林法第10条の7」

個人か法人かによらず、売買や相続などにより新たに森林の所有者となった場合です。ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届け出を提出した場合は除きます。

届出様式

必要書類

  • 森林の土地の位置を示す図面
  • 森林の土地の登記事項証明書(写し可)または土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書の写しなど権利を取得したことが分かる書類

提出方法

都城市森林保全課(本庁舎5階)に持参ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?