ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境森林部 > 環境政策課(本庁舎5階) > 省エネ対策に協力ください

本文

省エネ対策に協力ください

記事ID:0030821 更新日:2022年7月13日更新

今夏の電力需給は、全国で瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる電力予備は確保しているものの、厳しい見通しです。
加えて、海外情勢の影響により、石油、石炭、天然ガス等の調達リスクが高まっています。
そのため、各事業者・市民の皆様さんにおいては、生活及び経済活動に支障のない範囲において節電の協力をお願いします。

【参考】
事業者版_チラシ [PDFファイル/2.95MB]

家庭版_チラシ [PDFファイル/3.62MB]

照明

LED照明に取り替える

54Wの白熱電球から9WのLED電球に交換した場合

→年間:電気約90Kwhの省エネ 約2,430円の節約 約53kgのCo2削減

点灯時間を短くする

12Wの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

→年間:電気約4Kwhの省エネ 約120円の節約 約3kgのCo2削減

エアコン

冷房は28℃を目安に

外気温度31℃の時、設定温度を27℃から28℃にした場合

→年間:電気約30 Kwhの省エネ 約820円の節約 約18 kgのCo2削減

暖房は20℃を目安に

外気温度6℃の時、設定温度を21℃から20℃にした場合

→年間:電気約53Kwhの省エネ 約1,430円の節約 約31kgのCo2削減

フィルターを月に1から2回清掃

フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2Kw)とフィルターを清掃した場合

→年間:電気約32Kwhの省エネ 約860円の節約 約19kgのCo2削減

テレビ

画面は明るすぎないように

テレビ(32V型)の画面の輝度を最適(最大→中間)にした場合

→年間:電気約27Kwhの省エネ 約730円の節約 約16kgのCo2削減

冷蔵庫

設定温度は適切に

周囲温度22℃で、設定温度を「強」から「中」にした場合

→年間:電気約62Kwhの省エネ 約1,670円の節約 約36kgのCo2削減

物を詰め込みすぎない

詰め込んだ場合と、半分にした場合

→年間:電気約44Kwhの省エネ 約1,180円の節約 約26kgのCo2削減

洗濯機

洗濯はまとめて洗う

定格容量(洗濯・脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れ、洗濯回数を半分にして洗う場合との比較

→年間:電気約6Kwhの省エネ 水道約17立法メートルの省エネ 合計約3,980円の節約 約4kgのCo2削減

風呂

シャワーは不必要に流したままにしない

45℃のお湯を流す時間を1分間短縮した場合

→年間:ガス約13 立法メートルの省エネ 水道約4立法メートルの省エネ 合計約3,300円の節約 約29kgのCo2削減

家族が連続して入浴し、追い焚きを行わない

2時間放置により4.5℃低下した湯(200L)を追い焚きする場合との比較(1回/日)

→年間:ガス約38立法メートルの省エネ 約6,880円の節約 約87kgのCo2削減

トイレ

暖房便座の温度は低めに

便座の設定温度を一段下げた(中→弱)場合(貯湯式)、冷房期間は便座の暖房をオフ

→年間:電気約26Kwhの省エネ 約710円の節約 約16kgのCo2削減

洗浄水の温度は低めに

洗浄水の温度の設定を年間一段下げた(中→弱)場合(貯湯式)※暖房期間:周囲温度11℃ 中間期:周囲温度18℃ 冷房期間:周囲温度26℃

→年間:電気約14Kwhの省エネ 約370円の節約 約8kgのCo2削減

電気カーペット

設定温度を低めに

3畳用で設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)

→年間:電気約186Kwhの省エネ 約5,020円の節約 約109kgのCo2削減

電気ポット

長時間使用しないときは、プラグを抜く

ポットに満タンの水2.2Lを入れ沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温した場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合の比較

→年間:電気約107Kwhの省エネ 約2,900円の節約 約63kgのCo2削減

自動車

ふんわりアクセル「eスタート」

最初の5秒で時速20キロが目安

→年間:ガソリン約84Lの省エネ 約10,030円の節約 約194kgのCo2削減

加減速の少ない運転

速度にムラのある走り方をすると加減速の機会も多くなり、燃費が悪化

→年間:ガソリン約29Lの省エネ 約3,510円の節約 約68kgのCo2削減

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?