ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > 美術館について > アーカイブ > 収蔵作品展「つなぐ 美術と教育 ~あれから~」―アーカイブ

本文

収蔵作品展「つなぐ 美術と教育 ~あれから~」―アーカイブ

記事ID:0028701 更新日:2021年1月21日更新 印刷ページを表示する
収蔵作品展「つなぐ 美術と教育 ~あれから~」

概要

毎年2月18日の「都城教育の日」の制定5周年を記念し、教育をテーマに美術作品を紹介する「つなぐ 美術と教育 ~あれから~」展を開催します。本展覧会は、2019年に開催した「美術と教育」展を基に、前回紹介しきれなかった作品や新たに判明したことなどを踏まえて再構成したものです。

明治時代、日本に近代的学校制度が導入されると、全国各地で数多くの旧制中学校や師範学校が誕生しました。
宮崎県でも明治17年に宮崎県尋常師範学校、明治22年に宮崎尋常中学校が開校します。
その後、都城や延岡などでも中学校が開校し、東京や京都の美術学校で学んだ美術教師たちが「図画」教科を担当しました。多感な時期の生徒にとって身近な大人である教師の存在は大きく、生徒のなかには都城ゆかりの画家山田新一のように東京の美術学校を目指す者も現れます。
一方で、美術教師として教壇に立ちながら、画家としても活動を続け、宮崎の美術界を牽引する者もいました。戦後、宮崎県師範学校は宮崎大学学芸学部へと刷新され、現在ではさらに名称が変わりましたが、美術(美術教育)を教える・学ぶことは絶えず続いています。
本展覧会では、絵画学習の主流だった徒弟制度から近代に導入された学校制度への移り変わりや、師範学校や大学で美術を教えた者、学んだ者の作品をご紹介します。

会期と開館時間

会期:令和3年1月5日(火曜日)~2月28日(日曜日)
※新型コロナウイルス感染拡大により令和3年1月9日(金曜日)から2月7日(日曜日)まで臨時休館。なお、2月8日(月曜日)は従来の休館日です。
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

観覧料

無料 

主な出品作家・作品

(伝)竹之下信成「和田合戦図屏風」、速見晴文「画帳」、益田玉城「[粉本(小波南洋「桃花」)]」、岩尾信夫「少女座像」、出水勝利「潮風の釣り仲間」、櫻武春「白州の里」、清水聖策「旅へ」、河野宗平「衝(星夜)」など約50点

展示作品リスト

「つなぐ 美術と教育~あれから~」展示作品リスト [PDFファイル/175KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?