ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 山之口地区 > 都城の文化財 > 土角遺跡の発掘調査成果(3Dデータあります)

本文

土角遺跡の発掘調査成果(3Dデータあります)

記事ID:0013335 更新日:2020年5月1日更新

山之口町山之口

平成29年度に道路の新設に伴って発掘調査が実施されました。

約310平方メートルと狭い調査範囲でしたが、弥生時代(中期後半・後期後葉~終末)の竪穴建物跡5軒が見つかり、建物の中からたくさんの土器が出土しました。

花之木川を見下ろす扇状地面に造られた弥生のムラであり、都城盆地北部の弥生時代を知る上で非常に重要な遺跡といえます。  

調査区遠景
調査区
作業風景
竪穴住居跡

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?