ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

しまうつりの碑

記事ID:0001571 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

山田町谷頭

安永8年(1779)、桜島黒神付近の人々が噴火の被害を避けるため、藩の命令により都城へと移り住みました。中霧島に17戸、野々美谷に16戸が定住しましたが、台地上のため、わずかな畑に頼る貧しい生活を続けてきたと伝えられています。

この碑は、農業指導のため秋田から訪れた石川理紀之助(いしかわりきのすけ)の提案によって、明治35年(1902)8月15日に建てられました。最初に移り住んだ33人の名前が刻まれています。

 

しまうつりの碑


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?