ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

タヌキノショクダイ

記事ID:0001599 更新日:2020年5月1日更新

市指定天然記念物

御池町

タヌキノショクダイ(学名Thismia abei Hatusima)は葉緑素を持たない腐生生物で、ラン目ヒナノシャクジョウ科タヌキノショクダイ属に分類されます。

ブラジルと日本にのみ自生し、日本では徳島県と宮崎県で確認されています。

都城市では昭和46年7月4日、霧島国有林内で発見されました。また、昭和47年には新種のキリシマタヌキノショクダイ(学名Thisumia tuberculata Hatusima)も発見されています。

タヌキノショクダイは私有地内にありますので見学することはできません。

 

タヌキノショクダイ


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?