ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

安永城跡(やすながじょうあと)

記事ID:0001796 更新日:2020年5月1日更新

市指定史跡

庄内町

庄内川を見下ろすシラス台地につくられ、内城(本丸)・新城・今城・金石城の4つの曲輪(くるわ)からなっています。応仁2年(1468)、北郷敏久などの築城といわれています。元和(げんな)元年(1615)に廃城となった後は、麓に地頭仮屋がつくられました。

全面的な発掘調査が実施された金石城からは、当時の建物の跡や溝の跡、多量の土師器(はじき)や輸入陶磁器などが出土しています。

 

安永城 金石城青磁 写真左遠景・右白磁


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?