ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

伊東塚(いとうづか)

記事ID:0001800 更新日:2020年5月1日更新

野々美谷町

戦国時代の都於郡城主伊東尹祐(いとうただすけ)の供養塔です。

高さ約150センチメートル、幅30センチメートルの板碑で、正面に法名「喝 奉為大用全公大禅定門敬立」、右側面に「藤原式部大輔」、左側面に「荒武左京亮」、背面に「千時大永四天甲申仲秋八日」とあります。

伊東尹祐は三俣院(高城・山之口・三股〈市内東北部〉)まで支配を広げていましたが、大永3年(1523)、北郷忠相の野々美谷城を攻めている最中、ここで死去したと伝えられています。

この史跡は、私有地内にあるため、現地で見学することはできません。

 

伊東塚


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?