ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

王子山遺跡(おうじやまいせき)

記事ID:0001887 更新日:2020年5月1日更新

山之口町

縄文時代草創期の遺跡です。平成22年度に小学校の校舎建替えに伴い発掘調査が実施され、国内最古、約13,000年前の「ネギ(ネギ属鱗茎)」が発見されました。

また、王子山遺跡では、食料と考えられる「ネギ(ネギ属鱗茎)」や「ドングリ(コナラ属子葉)」のほか、住居跡や石組炉などの施設、たくさんの土器・石器などの道具類が一緒に出土しており、当時の人々の生活を知る上で重要な遺跡となっています。

 

全景 調査区全景 住居跡

ネギ属鱗茎 ダイズ圧痕 ドングリ

写真上段左から、上空から、調査区全景、住居跡、下段左から、炭化した鱗茎(ネギ属)・右端は現世のノビルの鱗茎、土器圧痕(ダイズ属ツルマメ)、炭化したドングリ子葉(コナラ亜属)


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?