ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

王面(おうめん)

記事ID:0001888 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

都城歴史資料館寄託

室町時代、若宮大明神に奉納された阿吽(あうん)一対の面です。

木地は楠材で目・鼻に穴がなく、裏面に次の墨書銘が残ります。

「王面 若宮 大明神御宝前 本願主 源慶綱 作者 清原維家 天文十年五月二十六日」

若宮大明神は室町幕府の将軍職を争って敗れた足利義昭(ぎしょう)とその従僧源澄(げんちょう)をまつった神社で、明治の初めに興玉神社へ合祀(ごうし)されたと伝えられています。

 

王面


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?