ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 中郷地区 > 都城の文化財 > 経筒およびその容器(きょうづづおよびそのようき)

本文

経筒およびその容器(きょうづづおよびそのようき)

記事ID:0002243 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

都城歴史資料館蔵

昭和34年(1959)、梅北町の畑より出土したと伝えられています。

銅製の経筒で全高31.1センチメートル、口径8センチメートル、九層塔形のつまみの付いた笠蓋(かさぶた)と円筒形の筒身からなっています。経筒を納める容器は軽石製で高さ60センチメートル、中央部に経筒を入れるための穴が開けられています。

 

経筒および容器 


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?