ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

向原遺跡(むこうばるいせき)

記事ID:0002439 更新日:2020年5月1日更新

立野町

都城盆地底に展開する一万城扇状地のほぼ中央、都城市と三股町の市境に広がっている遺跡です。平成元年(1989)、平成17年(2005)、平成20年(2008)に大学や店舗建設に伴い、発掘調査が実施されました。

向原第1遺跡、第2遺跡ともに、住居・土坑・溝などからなる弥生時代中期~後期の集落遺跡であり、谷に面した扇状地面の端部に形成されています。
特筆すべき遺構としては、第1遺跡3号住居跡が上げられます。この住居からは台石や砥石(といし)が出土し、床には焼けた小さな鉄片が散乱していました。弥生時代、南九州では例の少ない鍛冶工房跡と考えられています。

 

向原第1遺跡 花弁状住居跡 住居出土土器


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?