ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高田遺跡(たかだいせき)

記事ID:0002633 更新日:2020年5月1日更新

早鈴町

現市街地の南の端、萩原川を望む開析扇状地面に立地しています。

平成14年(2002)に発掘調査が実施され、弥生時代(1世紀頃)の集落と室町時代(15世紀後半)の水田跡が発見されました。

特に、弥生時代の集落では、17軒の住居跡と多数の土坑(当時の人が掘った穴)、幅4メートルほどのやや大きな溝などが確認され、溝に取り囲まれた「環濠集落」であった可能性も考えられています。

 

高田遺跡 航空写真 高田遺跡 弥生時代の住居 高田遺跡 弥生時代の大きな溝

写真左から、全景、弥生時代の住居跡、弥生時代の大溝


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?