ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 塞神碑(さいのかみひ) 附石敢當(つけたりせっかんとう)

本文

塞神碑(さいのかみひ) 附石敢當(つけたりせっかんとう)

記事ID:0002699 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形民俗文化財

高城町大井手

三叉路に塞神塔と石敢當が重なり合うように立てられています。

塞神は高さ126センチメートルの自然石型で「塞神」との銘はありますが、記年銘はありません。石敢當は塞神の後にあり、高さ43センチメートル、「石敢當」の銘文と「明治五年」の年号が彫られています。

どちらも魔除けや厄災などから守る神として信仰されています。「石敢當」は鹿児島や沖縄を中心に広がり、都城でも数多く見ることができます。「塞神」は全国的には多いのですが、都城では2基しか確認されていません。

 

塞神


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?