ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 庄内地区 > 都城の文化財 > 三島通庸遺徳碑(みしまみちつねいとくひ)

本文

三島通庸遺徳碑(みしまみちつねいとくひ)

記事ID:0002725 更新日:2020年5月1日更新

庄内町

三島通庸は鹿児島の人で、明治2年(1869)9月、地頭として都城へ赴任しました。

赴任当時は領内の反発が強かったため、都城領を上荘内郷(現庄内、西岳、山田)・下荘内郷(現都城市街地)・梶山(現三股町)に三分割し、下荘内郷の地頭は辞任した上で、上荘内郷と梶山郷の地頭となりました。

教育の振興や神社の復興、さらに住宅地の造成や道路建設を推進し、庄内町と三股町の発展の基礎をつくりました。

この顕彰碑は、明治42年(1909)、当時の庄内村によって建てられました。三島通庸と同郷だった元首相松方正義が篆額(てんがく)しています。

 

三島通庸遺徳碑


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?