ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 雀ヶ野遺跡群(すずめがのいせきぐん)

本文

雀ヶ野遺跡群(すずめがのいせきぐん)

記事ID:0003305 更新日:2020年5月1日更新

高城町四家

都城盆地と宮崎平野とをへだてる盆地北縁の山間部にあります。九州電力株式会社の変電所などの建設に伴い、平成10年(1998)~平成12年(2000)にかけて発掘調査が実施されました。

縄文時代早期を中心とする遺跡で、食べ物を蒸し焼きにした調理場の跡と考えられている集石遺構(写真・中)やたくさんの土器片、石器などが出土しました。

また、都城盆地では数少ない細石器と呼ばれる旧石器時代から縄文時代草創期に使われた石器も出土しています。さらに、有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき)(写真・右)と呼ばれる槍(やり)の形をした石器は、日本列島における最も南の分布例の一つとされ、重要な資料となっています。

全景 集石遺構 有舌尖頭器


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?