ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 石山中方の庚申碑(いしやまなかほうのこうしんひ)

本文

石山中方の庚申碑(いしやまなかほうのこうしんひ)

記事ID:0003372 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

高城町石山

石祠型の庚申塔です。内部に童子1人を伴う青面金剛像、外面に徳利と盃をもった祝言像、礎石に三猿が浮き彫りにされ、千鳥破風入母屋型で細かな細工が施された屋根が乗せられています。

隣接して「奉修業庚申燈一基 敬白」「寛保三年(1743)癸天正吉日」「奉寄進 明治二十年(1887) 石山村中方限 相中」などの銘文が残る石灯籠があります。

戦前までは石山中方限にて庚申講が組織され、毎年正月15日に祭りを行っていたと伝えられています。

 

石山中方の庚申塔


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?