ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 船方諸用控帳(ふなかたしょようひかえちょう)

本文

船方諸用控帳(ふなかたしょようひかえちょう)

記事ID:0003384 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

高城郷土資料館寄託

高城の豪商後藤五市がその持ち船について記録した控帳です。

義父松浦伝衛門より借金1120両と「稲荷丸」・「稲福丸」を引き継いだ経緯や、新たに建造した「稲福丸」の売却、海難事故の経緯、船の修復に対する藩からの優遇措置などが書かれています。

江戸時代の終わり頃の御用船の状況が分かる貴重な記録の一つとなっています。

 

船方諸用控帳 控帳本文


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?