ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

男神像と女神像

記事ID:0003595 更新日:2020年5月1日更新

県指定有形文化財

美川町

西岳・庄内地域の神社に残る神像です。

鎌倉時代から江戸時代にかけての作とみられ、30数体が確認されています。

写真の2体は鎌倉時代の作といわれています。いずれも楠材の一木つくりで、内刳り(うちくり・像の内側をくりぬいた空洞)はなく、両眼は彫り出してあります。彩色はかなり剥げ落ちていますが、眉・瞳・髭(ひげ)や髪などに墨の跡、唇・袍(ほう)に朱などの跡が残っています。

 

男神像 女神像


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?