ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

池増遺跡(いけますいせき)

記事ID:0003623 更新日:2020年5月1日更新

山田町古江

平成4年(1993)、民間開発に伴って発掘調査が実施され、縄文時代早期と旧石器時代の遺跡が確認されました

縄文時代早期では調理用の炉跡と考えられる集石遺構がみつかり、旧石器時代では石核(せきかく)・細石核(さいせきかく)・細石刃(さいせきじん)(写真・右)、剥片尖頭器(はくへんせんとうき)、礫器(れっき)、剥片(はくへん)など多様な石器が出土しました。

池増遺跡 池増遺跡出土の石器


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?