ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

中牟田遺跡(なかむたいせき)

記事ID:0003663 更新日:2020年5月1日更新

山田町西栫(にしがこい)

平成2年(1990)、山田総合福祉センター(けねじゅ苑)建設に伴って発掘調査が実施されました。貯蔵穴と考えられる縄文時代の土坑(当時の人が掘った穴)、弥生時代の竪穴住居跡、中世の掘立柱建物跡、近世の土坑などが見つかりました。弥生時代の竪穴住居跡は、縦3メートル、横4メートルの長方形で間仕切りをもつタイプの住居でした。また近世の土坑には、縦2メートル、横3メートルの方形で鉄釘や古銭が出土したものがあり、墓跡の可能性も考えられています。

中牟田遺跡弥生時代住居跡 中牟田遺跡出土の中世の土器


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?