ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

都城古墳(みやこのじょうこふん)

記事ID:0003814 更新日:2020年5月1日更新

県指定史跡

鷹尾一丁目

大正12年(1923)、道路工事中に地下式横穴墓と考えられる空洞が発見され、内部より腐食した武具や太刀などが出土したと伝えられています。

現在は円墳1基が残っています。また、地下レーダー探査により、地下式横穴墓と推測される反応も得られています。

小さな古墳ですが、都城盆地の中央部における唯一の高塚古墳であり、古墳群の分布や当時の在地勢力の状況を考える上で、重要な遺跡となっています。

都城古墳01 都城古墳02


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?