ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 五十市地区 > 都城の文化財 > 都城島津家墓地(みやこのじょうしまづけぼち)

本文

都城島津家墓地(みやこのじょうしまづけぼち)

記事ID:0004051 更新日:2020年5月1日更新

都島町

龍峯寺跡(りゅうほうじあと)に残された都城島津氏の墓所です。都城にある最も大きな都城島津氏関連の墓所であり、多くの領主の墓が残されています。

龍峯寺は北郷忠相(ほんごうただすけ)が母親のために創建したとされます。忠相以降の北郷氏の菩提寺となり、当地方最大の禅寺として栄えましたが、慶応3年(1867)に廃寺となりました。

義烈塔(ぎれつとう)

安政5年(1858)11月、都城領主島津久静(しまづひさなが)が建てた石塔です。

都城島津氏の初代資忠(すけただ)より12代忠能(ただよし)にいたる間の戦死、殉死者505人の名が刻まれています。


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?